Last Man Standing / Doug Howard (2000)

0226Last Man Standing

アメリカのメロディアス・ハードロック・バンド、Touch、StunLeerのメンバーだったダグ・ハワードのソロ・アルバム。ジャケットの表記にDoug Howard of StunLeerとあるように、元々はStunLeerの2ndアルバムとして企画されていたのが、結局ダグ・ハワードのソロ作として制作されたという事情のようです。本作のサウンドは、ポップなプログレ・ハードという感じのTouchとはずいぶん違いますが、StunLeerのラウドでメロディアスな路線の延長線上にあるもの。リリースもStunLeerと同じくドイツのMTMレーベルからとなっています。全てのボーカルとインスト・パートをダグ・ハワードが担当し、プロデュースもStunLeerのアルバムを共同制作していたボブ・セント・ジョンの協力を得ながら自身で行なうというワンマンぶりです。

この人、Touch、StunLeer以外にも、エドガー・ウィンターやドッド・ラングレンと仕事をしてきた才人で、曲そのものは悪くないのです。ボーカルもインスト・パートもそれなりにカッコいいです。ただ、とろこどころミクスチャー風だったり、"Smoke on the Water"、"Jumping Jack Flash"その他ロック・スタンダード曲のパロディがあちこちに見受けられたり、正直何がしたいのかよくわからない。そして、意図的なプロダクションなのでしょうが、音全体が濁っていてやかましいことこの上ない。聴いていてとにかく疲れるので、繰り返し聴きたくなるようなアルバムじゃないな~。ごめんなさい。

蛇足ですが、この度ダグ・ハワードは今どうしているのだろうとネットで検索してみたら、今だ現役で、エドガー・ウィンターのWhite Trashを思わせるファンクやブルースをやっているみたい。そう言えばこのLast Man Standing というアルバムのファンキーな一面も、エドガー・ウィンターのShock Treatment 前後の雰囲気があるかも知れないな~と思いました。この人はTouchつながりより、むしろウィンター・ファミリーとしてくくった方がいいのかも知れません。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Higher (Doug Howard)
02. Whip (Doug Howard)
03. Hold Up The Sky (Doug Howard, Zane Robert Howard)
04. Hey Money (Superstar) (Doug Howard)
05. Faith (Doug Howard)
06. Tell Me (Doug Howard)
07. Save Me (Doug Howard, Charlotte Lee)
08. The Death Of Me (Doug Howard)
09. Living Proof (Doug Howard)
10. Worldwide (Doug Howard)
11. Black Betty (Huddie Ledbetter)

■Personnel
Doug Howard - Vocals, Guitars, Bass, Keyboards, Drums

Producer – Doug Howard with Bob St. John



関連記事
スポンサーサイト



テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

Once / StunLeer (1998)

Once.jpg

アメリカのメロディアス・ハードロック・バンド、スタン・リアのおそらく唯一のアルバム。このバンドは、マーク・マンゴールド率いるタッチのメンバーだったダグ・ハワードが在籍したということで、多少話題になったような記憶があります。彼はタッチ解散からスタン・リア加入までの間、タッチの2ndのプロデュースに関わったトッド・ラングレンのユートピアで活動したり、ダン・ハートマンの後任としてエドガー・ウインター・グループに参加したりしていました。他にプロデューサーとしての仕事もこなしながら、音楽的素養を深めていったようです。タッチではベースとサイド・ボーカルを担当していましたが、スタン・リアでは専任リード・ボーカルとなっています。

スタン・リアは、元Ball and Pivotのベーシストだったポール・マイケルのメンバー募集に、マイケル・マッケイブが応募したことによって結成されます。マイケル・マッケイブは、エクストリーム結成以前のヌーノ・ベッテンコートと共にSinfulというアマチュア・バンドを組んでいた経歴の持ち主です。最後にボーカリストとしてダグ・ハワードがバンドに加わり、曲作りが本格的に開始されましたが、アメリカのメジャー・レーベルには相手にされず、ようやくドイツのメロハー・レーベルMTMと契約、アルバム・リリースに漕ぎ着けたということです。後日談ですが、実はこのバンドの2ndアルバムも制作されましたが、結局それはダグ・ハワードのソロ・アルバムとしてリリースされることになります。

スタン・リアの楽曲、サウンドは、親しみやすいメロディラインを大切にしたハードロック。まさにメロディアスハードど真ん中です。ところどころジャーニー的だったり、LAメタルを思わせる部分もあったり、それなりにバリエーションもあり飽きさせません。メジャー・キーの爽快系の曲もいいのですが、筆者は#1"Love Is a Liar"や#2"Go, Don't Go"のような、マイナー・キーでリフが印象的な正統派ハードロックっぽい曲に、彼らの持ち味が出ているように感じました。ダグ・ハワードはややハスキーな声質でちょびっとガナリ気味の歌唱、中々イイ感じです。楽曲、演奏、歌唱とも抜きん出た個性というものは感じられませんが、メロハー好きには価値のあるアルバムだと思います。

バンドはギター、ベース、ボーカルのトリオ編成ですので、ドラムなどはゲスト・ミュージシャンでまかなっています。その中で、メインのドラマー兼プロデューサーとしてクレジットされているアンソニー・レスタは、ヌーノ・ベッテンコートのソロ・アルバムのプロデュースや、エクストリームへの楽曲提供などで知られるマルチ・ミュージシャンです。また同じくプロデューサーの一人としてクレジットのあるボブ・セント・ジョンも、エクストリームのアルバムのプロデュースをしてきた人。マイケル・マッケイブから繋がるヌーノ・ベッテンコートがらみの人脈と推察できます。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Love Is a Liar
02. Go, Don't Go
03. If You Want Love
04. Eye to Eye
05. Foolin'
06. No Words Can Say
07. Come to Me
08. All the King's Horses
09. Hungry Eyes
10. Deliver
All tracks by Paul Michael, Michael McCabe, Doug Howard

■Personnel
Paul Michael - bass
Michael McCabe - guitars, backing vocals
Doug Howard - vocals

Anthony Resta - drums, percussion
Paul Cervone - synthesizers
Derek Blevens - drums on 3, 9
Brian Rahilly - guitar solo on 4
Bobby O'Donnel - additional backing vocals
John Foster - additional backing vocals
Peter Chiklas - additional backing vocals

Producer - StunLeer with Bob St. John, Anthony Resta, Paul Cervone
Executive Producer - Paul Michael



関連記事

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

The Complete Works I & II / Touch (1979,1981)

Touch The Complete Works

タッチ、懐かしいです。NWOBHMの勃興を受けて始まったHR/HM系の一大イベント「モンスターズ・オブ・ロック」、1980年の第一回目の最初の出演者がタッチなんですね。この時のライブ録音がオムニバス盤としてLPレコードで発売され、筆者もリアルタイムで聴きました。そのレコードの収録曲の中で、レインボーやスコーピオンズといった名だたるアーチストよりも印象に残ったのが、無名バンドだったタッチの"Don't You Know What Love Is"でした。今回は、タッチの1stと、リリースされなかった2ndをカップリングして1998年に発売されたThe Complete Works I & II のご紹介です。便宜的に1stと2ndを別けて書いてみます。

【Disk 1 - Touch I】
■Tracks
01. Don't You Know What Love Is (M. Mangold)
02. When The Spirit Moves You (M. Mangold)
03. Love, Don't Fail Me (M. Mangold)
04. Black Star (M. Mangold)
05. There's A Light (M. Mangold)
06. So High (M. Mangold)
07. Last Chance For Love (M. Mangold)
08. Yes (You Need To Rock 'N Roll) (D. Howard, M. Mangold)
09. Listen (Can You Feel It) (M. Mangold)
※Bonus Track
10. My Life Depends On You (M. Mangold)
11. Don't You Know What Love Is [LIVE]

■Personnel
Craig Brooks - Vocals, Guitars
Mark Mangold - Vocals, Keyboards
Doug Howard - Vocals, Bass
Glenn Kithcart - Drums, Percussions

Producer - Tim Friese-Greene
Except Track 11 Produced by Roger Glover

タッチは、70年代にValhalla、American Tearsといったバンドでいわゆるプログレハード的な音楽を作ってきたマーク・マンゴールドが結成したバンドです。ライナーノートによれば、バンドはデビュー・アルバムの製作にあたって、当時クイーンやジャーニーのプロデュース、またT.レックスのエンジニアとして著名だったRoy Thomas Bakerのプロデュースを希望していたようですが、それは叶いませんでした。そこで、彼のエンジニアで、プロデュース経験もあるティム・フリース-グリーン(Tim Friese-Greene)がプロデュースを担当することになりました。ティム・フリース-グリーンはプレイング・マンティスの伝説の1stアルバムもプロデュースしています。また、シティ・ボーイのHeads Are Rolling も彼のプロデュースです。シティ・ボーイのMike Slamerは、後にStreetsやSteelhouse Laneなどのバンド活動の他に、セッション・ギタリスト、プロデューサー、コンポーザーとしても大活躍する人です。タッチのマーク・マンゴールドも、同様の道を歩むことになります。プロデューサーやエンジニア、それからコンポーザーまで含めてメロハー業界を見渡すと、地下茎のように人脈がつながっているのが分かります。

このタッチの1stアルバムは、全体としてカラフルでポップなプログレハードという印象です。中でも"Don't You Know What Love Is"の出来栄えが特に素晴らしい。クレイグ・ブルックスの高音が伸びるボーカルと、マーク・マンゴールドのハスキーな低音が掛け合いながら、美しいメロディを綴っていく進行がほんとうにワクワクさせてくれます。この曲はシングルカットされ、英メロディメーカー・チャートで1位、米ビルボード・チャートでは69位を記録しています。マーク・マンゴールド生涯の傑作だと思います。ボーナスでモンスターズ・オブ・ロックのライブ・バージョンが再録されているのもうれしい限り。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

【Disk 2 - Touch II】
■Tracks
01. Never In Love (M. Mangold)
02. Just One Step (M. Mangold)
03. Frozen On A Wire (M. Mangold)
04. Far Enough (M. Mangold)
05. Too Much In Love (M. Mangold)
06. Take It Back (M. Mangold)
07. Anything For Rock 'n Roll (C. Brooks, M. Mangold)
08. You're Not A Child Anymore (M. Mangold)
09. Between The Lines (M. Mangold)
10. Beg Me (M. Mangold)
11. Is It Really Me? (M. Mangold)
12. Feels Like Love (M. Mangold)
13. Let Me Love You (M.Mangold)
14. Tonight [Rough mix version] (M. Mangold)
15. Just Take A Beat Of My Heart [Rough mix version] (M. Mangold)
16. Look [Rough mix version] (M. Mangold)
17. I Found Someone [Rough mix version] (M. Mangold, M. Bolton)

■Personnel
Craig Brooks - Vocals, Guitars
Mark Mangold - Vocals, Keyboards
Doug Howard - Vocals, Bass
Glenn Kithcart - Drums

Producer - Todd Rundgren
Except Track 6 Produced by Roger Glover & Mark Mangold
Except Tracks 14-17 Produced by Touch

2ndアルバムは、天才トッド・ラングレンをプロデューサーに迎えて製作されました。ところが、これもライナーの情報ですが、トッドはほとんど顔を出さず、彼のエンジニアが作ったも同然だったようです。仕上がりに満足しないレコード会社がリリースを拒否、結局2ndはお蔵入りという悲運に見舞われることになりました。今回日の目を見たこの2ndアルバムのクレジットで、6曲目を除いてプロデュースはトッド・ラングレンとなっていますが、実際は1~13曲目まで全てロジャー・グローバー(ディープ・パープル~レインボー)がプロデュースし直したテイクが収められています。14~17曲目は当初はアルバムに収録されていなかったもの。

中身についてですが、基本的には1stと同じ路線です。サックスが入ったAOR風の曲などもあり、音楽性の幅が広がったとも言えますが、反面やや散漫な印象も受けてしまいます。

2ndアルバムをめぐるゴタゴタが続く中でバンドは解散状態となり、マンゴールドは、マイケル・ボルトンとの仕事を皮切りにコンポーザーとしての道を歩むことになります。また、Drive She Said~Mystic Healer~The Signとバンド(プロジェクト?)活動も継続、メロハー業界のキーマンの一人となっています。ベースのダグ・ハワードはスタン・リア(StunLeer)というグループでアルバムをリリースしています。メイン・ボーカルのクレイグ・ブルックスだけは、ロジャー・グローバーのソロ・アルバムに参加したり、マンゴールドと共にマイケル・ボルトンの曲を書いたりしている他にはその後の消息が分かりません。消えてしまうには惜しいボーカリストだと思うのですが。。。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。





テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

プロフィール

tonkichi2b12

Author:tonkichi2b12
人の好みは十人十色。色んな感じ方、考え方があるからこそ世の中おもしろいって思ってます。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグクラウドとサーチ

ダグ・ハワード
ミッチェル・フルーム 工藤義弘 石原慎一郎 甲斐貴之 西田昌史 ドン・ドッケン マイケル・ワーグナー イムレ・ダウン ヨラン・エドマン ジム・ジッドヘッド トニー・ボルグ ピート・サンドベリ ベルント・アンダーソン ラース・ディドリクソン マックス・ハスケット ケヴィン・エルソン ビル・チャンプリン ジャック・ブレイズ ケリー・ケイギー ジェフ・ワトソン アラン・フィッツジェラルド デヴィッド・フォスター ブラッド・ギルス ケヴィン・チャルファント アンドレアス・オルソンアーバン・ダニエルソン ヘニング・アクセルソン ラー ロバート・サール ズ・サフサンド ハーマン・フリン トニー・プラット パット・マッケンナ トニー・ミルズ スティーヴ・ハリス アラン・ケリー ロイ・ディヴィス ジェスィーノ・デローザス フレッド・ヘンドリックス ロン・ヘンドリックス エリック・デリックス ラルス・バウヴィンク エリック・コーネン ボビー・アルトヴェイター ブルーノロック トーマス・シュトレック ピーター・デ・ウィント ミッヒ・シュワッガー ウーヴェ・コーラー エドガー・パトリック エンジェル・シュライファー ヨルグ・ダイジンガー ハンス・ツィラー フレディ・カーシ クラウス・レスマン スティーヴ・ホドソン ラルフ・サントーラ オリヴァー・ハンソン トッド・プラント フィル・ケネモア ジョーイ・アルヴィス デイヴ・メニケッティ レオナード・ヘイズ トニー・ブルーノ・レイ ブルーノ・ラヴェル ポール・レイン ランス・クイン アンディ・ティモンズ スティーヴ・ウエスト ドゥギー・ホワイト ヨルン・ランデ イアン・ホーグランド グレン・ヒューズ ミック・ミカエリ ジョー・リン・ターナー ニコロ・コツェフ ジョン・レヴィン トニー・フランクリン クリストファー・ラガーストロム フレデリック・スラマ トミー・デナンダー マイケル・トンプソン ピーター・フリーステット グレッグ・ビソネット ジェフ・ポーカロ スティーヴ・ルカサー マイケル・ランドウ ルイス・カスパー オリヴァー・フェアー レネ・バイカー ジョン・ベイラー フレディ・コラー カレ・トラップ ジョーイ・テンペスト ヘンポ・ヒルデン ジョン・シュライナー ジョン・ノーラム ビリー・ホワイト ピーター・バルテス ミッキー・ディー ウィン・デイヴィス ボビー・ロック ジョニー・ジョエリ クリストファー・マロニー マイケル・T・ロス ニール・ショーン ジョシュ・ラモス ジョーイ・ジョエリ ボブ・バーチ パット・グラッサー スティーヴ・マン チャド・ブラウン ケヴィン・ビーミッシュ デニス・ストラットン ロッキー・ニュートン ブルース・ビスランド トニー・オホーラ ティノ・トロイ クリス・タンガリーディス クリス・トロイ メルヴィン・ブラノン ブライオン・ジェームス ダニエル・プレッド ブルース・フェアバーン ブレイク・サカモト ナイル・ロジャース ダン・リード ドン・ウルフ ダグ・ライリー ブラッド・ステックラー ブライアン・アイランド カム・マクラウド ジャック・リチャードソン リック・ネルソン ロリス・ボルゾン ダニー・ロウ レス・シュワルツ ジョン・マカルーソ ジェイミー・テラモ マイケル・キスク ファブリツィオ・グロッシ マーク・ボールズ モルディ・ハウザー ジョン・サイクス トニー・レノ キー・マルセロ アンディ・マレツェク C.C.ベーレンス ヘルゲ・エンゲルケ トミー・ハート トーステン・リューダーヴァルト ウレ・リトゲン マルコ・メンドーサ トミー・オスティーン ジェフ・スコット・ソート マグナス・ヘンリクソン エリック・モーテンソン ロバン・バック ダリオ・セイシャス ディーン・クレイマー マーク・フェレイラ ジョディ・グレイ ステファノ・ペレソン パオロ・パルミエリ ロベルト・プリオリ ジャコモ・ジガンテリ ダレン・ウォートン グレッグ・モーガン トミー・ファンダーバーク ヴィニー・バーンズ キース・オルセン ブライアン・コックス ジョン・レヴェック ジェフ・ピルソン ジェイムス・コタック ナイジェル・クラッターバック トニー・ミットマン アンディ・バーネット アンディ・ライリー マーヴ・ゴールズワーシー ピート・ジャップ チャーリー・オリンズ スティーヴ・オーヴァーランド トミー・ラファーティ ホーク・ロペス ジーン・ボーヴァー マイケル・ペイジ ティモ・プダス エルッカ・コルホネン アンダース・テオ・ティアンデル トゥオモ・コヴァライネン キモ・ブロム カリ・ヴァリマキ フレドリック・オーケソン ジェイミー・ボーガー マルセル・ヤコブ スティーヴ・リー レオ・レオーニ マンディ・メイヤー クリス・フォン・ローア ヘナ・ハーベッガー マーク・リン ニール・オトゥパッカ マイク・スラマー ビリー・グリアー ボー・ヒル ティム・ゲルト スティーヴ・ウォルシュ クラッシュ・クリック アレクサンダー・ストローチ イゴール・フラッハ クリス・ライン ザッキー ジム・ヴォックス マーレイ・デイグル マイク・デミトロヴィック ショーン・グレゴリー カイル・ラゼンカ ベニー・セーデルベリ ヘンリク・ベルガー セーレン・アナセン オリヴァー・ウィアーズ トミー・アルドリッジ ティム・クリステンセン マイケル・ショットン マシュー・ジェラード ムラデン アイメリク・デゾンブレ ミカエル・アーランドソン ウルフ・ヴァールベリ スヴェン・サーンスキ イェンス・ルンダール ハイメ・サラザール ハル・ジョンストン トミー・フォーク ヨナス・レインゴールド ビョルン・ダールベリ ジム・ピートリック マイク・アキノ クリスチャン・カレン トビー・ヒッチコック ヒラリー・ジョーンズ クレム・ヘイズ エド・ブレッケンフェルド ラリー・ミラス パー・ブロム ピーター・ハーマンソン マッツ・リンドフォース ニック・グリーン ヌーノ・レデスマ セルジオ・ラモス ルイ・マーティンズ ルイス・バロス セルジオ・サビーノ パウロ・バロス ケネス・オディーン ディーゼル・ダール トニー・ハーネル ロニー・ル・テクロ ビョルン・ネーショ モーティ・ブラック ゲイリー・ヒューズ グレッグ・スミス ポール・モリス アル・ピトレリ レズリー・ウェスト ケニー・クラム 梶山章 ボブ・ヘルド リック・デリンジャー アラン・デロング イアン・ギラン アラン・オーウェン ケン・ハマー フィル・ムーアヘッド ロニー・アトキンス リッキー・マークス マルコ・タパニ トニー・ヨハンソン トーマス・G:ソン ヘンリック・ルンドベリ コニー・アンドレスカ ボバン・ミロイェヴィッチ ヤン・エバート ウォルフガング・フランク パトリック・シモンセン カーステン・シュルツ デディ・アンドラー アレックス・フロウシェク イアン・ロイド リック・ウィルス ミック・ジョーンズ ルー・グラム デニス・エリオット マイケル・クレイトン ジェイミー・スコット ダニー・ヴォーン ブルック・セント・ジェイムス ポール・マーコビッチ ジミ・ケネディ ダグ・アルドリッジ チャック・ライト ジェイムズ・クリスチャン マイク・トランプ ケン・メリー デヴィッド・グレン・アイズレー マイケル・ガイ アンディ・ジョンズ グレッグ・ジェフリア ジーノ・ロート マイケル・ボーマン ロルフ・アレックス シュテファン・ベリストロム マッツ・オラウソン ビョルン・ローディン デニス・ワード デヴィッド・リードマン アルフレッド・コフラー シャイ・ベイビー コスタ・ツァフィリオ ケリー・ハンセン レイ・ギラン ジョセフ・ウィリアムズ ジョーイ・カルボーン カーマイン・アピス ケネス・クリスチャンセン ハンジ・ビューラー フランク・オバーピクラー ロルフ・ケーラー アル・グリーンウッド クリス・キャファリー ドギー・ホワイト マイク・シプリー シェリー ラリー・クライン マッティ・エクルンド ニクラス・スウェーデントープ トビー・ブロストロム ペッレ・サエザー ミカエル・ラーソン トミ・パルタネン ダグ・ハワード ボブ・セント・ジョン ホルスト・マイヤー・ソーン ケリー・キーリング アンソニー・レド トミー・ハンセン レネ・シェイズ ジェスパー・ワーナー モルテン・ウィットロック マーティ・ピーターズ マーティン・スロット クレイグ・ブルックス ゲイリー・グレイス リック・スラヴィック ケニー・ケイオス・ロニー ダーシー・ドイチュ アンディ・ロリマー デイヴ・ホピア アンドリュー・マクデルモット フィリップ・カンダス ダニー・ミランダ チャック・ボンファンテ ニッキ・ディマージ ショーン・ペラタ トーマス・ウィット マックス・ローレンツ デヴィッド・タフ テリー・トーマス マイク・ブリグナーデロ マーク・スピロ ダン・ハフ ロバート・ホワイト・ジョンソン ヤン・グランウィック ポール・ウィンガー ネイト・ウィンガー グレゴリー・アナラ レイ・ロドリゲス グレッグ・シュルツ デヴィッド・イングラム エドワード・カシラス ジョー・フロイド マリオ・アギラー ロイ・Z エルヴィス・バジャダレス ダリル・ジョンストン マーク・バドリック ステファン・エリス フランキー・サリヴァン ダリル・ドラゴン マーク・ドラウベイ デイヴ・ビックラー ジョニー・リマ リッチー・セディーロ トビー・タラック ケン・サンディン ジミー・ワンドロフ クリス・ミント ホアン・ルイス・ディアス リチャード・ゴッテラー トム・パヌンツィオ ホルヘ・バルカラ フロイラン・ソサ ロバート・スレイド・ルモン リチャード・アンダーソン マグナス・カールソン インガー・オーレン ヤコブ・サミュエル ピート・レスペランス ハリー・ヘス ダレン・スミス バリー・ドナヘイ イアン・ペイス ロジャー・グローバー ファーギー・フレデリクセン クリス・ラウスマン ダニー・マルティネズ ボブ・ハリス ボビー・バース スティーヴ・スタンツ アンツ・トゥルヒーヨ ジェイムズ・ローステッター マーク・エヴァンス デヴィッド・ラス レジー・ウー スティーヴン・パリー G・C.・ギドッチ ジミー・マルシアーノ キャロリン・ジョーダン スティーヴ・ギブソン スティーヴ・モリス クリス・ウーズィー 永川敏郎 森川之雄 加瀬竜哉 デヴィッド・ローゼンタール 内田雄一郎 岡垣正志 マッツ・ヨハンソン ヘンリック・トムセン トーマス・ラーソン イエア・ロニング ボビー・キンボール マイク・ポーカロ ジョン・フッティット アラン・クラーク デイヴ・チャップマン ティモシー・ルイス マイク・ウォルシュ デューイ・リベステロ マイク・ベレス ジョン・オコンネル セバスチャン・シッポラ ジャン・ルンド ヘンリック・ベリクヴィスト エミル・フレッドホルム トーマス・ヴィクストロム リズ・ヴァンダル ライナー・プシュヴァーラ マイケル・フレクシグ マイケル・ヴォス ジェイソン・マークス マイケル・クライン アーシュラ・オウゾ・ラシュケ ニール・カーノン デヴィッド・スティール ボブ・ロック マーク・ラフランス ジョン・ウェブスター アンディ・デリス トルビョルン・ヴァッセニウス クラエス・アンドレアソン ヨエル・スタランダー ハワード・ヘルム ザック・スティーヴンス ポール・プレイター ヒューゴ ジェラルド・ザッパ ビル・レヴァティ C.J.スネア マイケル・フォスター ペリー・リチャードソン ケイシー・スミス トニー・トンプソン ミッキー・フリー ドミニク・ヒュルスホルスト ロン・ネヴィソン ディルク・シュテフェンス ディーン・オルテガ クライヴ・バー ゲイリー・バーデン ノーマン・グッドマン アル・ラングレイド ロブ・プレウス ブレット・ガースド ダウ・トムリン カール・コクラン ガナー・ネルソン マシュー・ネルソン ジョーイ・キャスカート マイケル・ラファエル パット・レーガン レイフ・マッケンナ スティーヴ・マッケンナ スー・ウィレッツ ジェド・ライランズ ボブ・カトレイ ジェイソン・サノス ジョン・ハリウェル ジュリー・グロー ローン・ボイル ダグ・ストッケ エリック・ラグノ トニー・AJ・モッラ ミケーレ・ルッピ ジョーイ・サイクス ロバート・ジョン“マット”ランジ ヒュー・マクラッケン ラニー・コードラ マグナス・ウルフステット フレドリック・フォルケ ミカエル・ぺールソン ヘニー・ウォルター バーニー・ショウ アラン・ネルソン ラーズ・バウヴィンク エディ・クレイマー ロジャー・バンクス ジョン・ロジャース スタン・ミツェク フィル・ナーロ マイケル・パツィヒ ジェフ・バッター ブライアン・ラ・ブランク ロビー・ラ・ブランク ブッチ・テイラー カイル・ウッドリング フィル・ライノット ブライアン・ダウニー ロイ・トーマス・ベイカー イアン・マクドナルド フランシス・ブッフホルツ オラフ・ゼンクバイル サンディ・サラヤ ゲイリー・コーベット ジョン・オライリー リチャード・ベイカー ダグ・ヴァン・ブーヴェン クリス・デ・ブローウェル ジャミー・カーター ドン・クロムウェル L.A.グリーン マイケル・ターナー ビリー・リースギャング ロジャー・スコット・クレイグ ラリー・ボー テリー・ブロック ペール・リンドヴァル スヴェン・リンドヴァル ラース・ホールバック リチャード・ステンストロム アーニー・ロススタイン ジム・スカットリン ホアキン・カンナイウオロ ビッグス・ブライス ロブ・ヴァンニ フィル・ブラウン クレイグ・ジョイナー リー・マッティ ブルース・ゴウディ リッチー・ズィトー アラン・パスクァ ディーン・カストロノヴォ トッド・ジェンセン トール・タッレ ロブ・モラッティ ピーター・スンデル エジル・オルヴェダル フレドリック・バーグ アンディ・ニューマーク ジェフ・ジェイコブス シャイラー・ディール スティーヴ・フェロー二 サイモン・カーク ダニエル・フローレス ジェラルド・ヴェレス ウェイン・ハマリー デレク・シェリニアン ビリー・カーマッシ デヴィッド・サイクス アルド・ノヴァ ニール・ジェイソン チャック・バーギ・バーギ デイヴ・ボールドウィン マイク・D クリス・パルム トーマス・ウォーレン アダム・ホーランド テディ・ロンディネリ コリー・デヴィッドソン アクセル・ルディ・ペル ヨルグ・マイケル ウリ・ポッセルト フォルカー・クラウツァック ポール・スタンレー ルシアン・マテウソン クリス・レーン アラン・ハーン キース・スラック バロン・デウェイン クリス・トンプソン タパニ・ティッカネン ヴァン・スティーヴンソン ビリー・クロス マイク・ジオネット ケヴィン・ドイル エド・ガリアルディ トロイ・ベンソン ジョー・マローン エドガー・ライリー・ジュニア テッド・ポーリー ロブ・カーツライター デイヴ・ホピア クラエス・アンダーソン トルビヨルン・ヴァーサナスクラエス・アンドレアソン ジョン・ボイラン デヴィッド・J.ホルマン ハンク・エリックス ローリー・マンズワース ジェイ・カッター リッキー・B・デリン マーク・マンゴールド フレディ・アレン ラグナー・ラトル テリエ・スメフォルト ヤンネ・ティッツ ロブ・ロック ポール・マイケル アンソニー・レスタ マイケル・マッケイブ ゲイリー・シャープ レイフ・マーセス マーク・トンプソン・スミス シェティル・ビェルケストラン ディジ・ディジタル ペッカ・ヘイノ ミッコ・サロヴァーラ パシ・ラタンネン トゥオマス・ワイノラ アリ・コイヴネン ミルカ・ランタネン パシ・ヘイッキラ ヤンネ・ウィルマン ニノ・ロウレンネ ジョン・ウェイト リッキー・フィリップス ジョナサン・ケイン トーマス・ズムズンスキー チャーリー・ハーン ボード・スヴェンセン ゲイリー・ライオンズ オーレ・ヘンペルマン アンダース・リドホルム クリスチャン・スンデル オーラ・カールソン ペール・スヴェンソン ロビン・ベック クリス・オーヴァーランド マッツ・ペールソン バリー・ムラーツ ジンボ・バートン リー・ハート スティーヴ・ミリントン デヴィッド・プレイター クレイ・シュローデル ミッキー・トーマス ピーター・ロバーツ キップ・ウィンガー ジェフ・アダムス マーク・タナー マイク・ベアード スティーヴ・ポーカロ マッシモ・ボッジ ファブリツィオ・ウゴリーニ リック・ブライトマン トーマス・ラッサール スヴァンテ・ヘンリソン ドン・エイリー チャック・バーギ マイク・ストーン フィル・スーサン ミック・ラルフス スラヴ・シマニック ビリー・シーン ヨナ・ティー クラッシュ デイヴ・ダロン ケニー・レクレモ エリック・リヴァース ジミー・ジェイ ヴィヴィアン・キャンベル ボビー・メッサーノ リック・ブライトマンクラエス・アンドレアソン ティム・フリース-グリーン ポール・マッコースランド カール・ディクソン レイ・コバーン

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター