スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Push / Pete Sandberg (1999)

0250Push.jpg

このブログでまとめたピート・サンドべリのディスコグラフィを見ても分かるように、2000年をはさむ前後2~3年にこの人は様々なバンドやプロジェクトで結構な数のアルバムを発表しています。そんなピート・サンドべリの音楽活動の絶頂期に出された、彼の2枚目のソロ・アルバムが今回ご紹介するPush 。本作リリース時点ではまだMidnight Sunに在籍していたようです。

さてこのアルバム、彼のキャリアの中では異色の音となっており、モダン・ヘヴィネスの影響だとか、グランジ化したとかの評価を目にすることもあります。実際そうなのかもしれませんが、筆者には特にグランジっぽく聴こえません。むしろリズムが跳ねている点ではTalismanを思い起こさせるし、一番似てると思ったのは日本のPink Cloud(Johnny, Louis & Char)です。ギターとベースがユニゾンでグリグリ迫ってくるところなんかそっくりですし、テンション・コードの入れ方やアーミングのセンス、空間系エフェクターの使い方とか、なんとなくチャーに似てるんです、これがまた。とにかくカッコいいアルバムなので騙されたと思って聴いてみてください。ただラストの2曲、チェロとフレットレス・ベース(ヨナス・レインゴールド)によるインストと、中近東っぽい独唱曲はいらなかったなぁ。意味分かりません。

バックのプレイヤーは、ギターにスヴェン・サーンスキ(Bad Habit etc)、ドラムにハイメ・サラザール(Bad Habit etc)、ベースにイェンス・ルンダール。スヴェン・サーンスキはSnake Charmerで、ハイメ・サラザールはMidnight Sunで、それぞれピートと組んでいました。また、サーンスキ、サラザール、ルンダールの3人はかつてBlakk Totemというバンドのメンバーだった間柄。サーンスキのソロ・プロジェクトTruthでも同じメンツが揃っています。制作はBad Habitを手がけてきたビョルン・ダールベリ。ピートの1stソロ作Back In Business ではエンジニアを務めていた人です。共同制作者にはサーンスキとBad Habitの僚友ハル・ジョンストンが名を連ね、ハル・ジョンストンは本作の曲作りにも一部関与しています。また、収録全14曲中6曲がサーンスキの単独作、4曲がピートとの共作で、アレンジもほぼサーンスキの仕事。さらにブックレットでのサーンスキの扱いが別格となっており、本作での彼の存在は非常に大きいものがあります。これらを考え合わせると、ピート・サンドベリのソロ名義ではあるものの、実態としてはBad Habit側がバックアップしたサーンスキ&サンドべリのプロジェクト作品と言えるかもしれません。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Machine (S. Cirnski)
02. Save Our Souls (S. Cirnski)
03. Strong Out (P. Sandberg, S. Cirnski)
04. Believe (S. Cirnski)
05. Love Hurts (B. Bryant)
06. Enough Is Enough (P. Sandberg, S. Cirnski)
07. Taking Your Time (S. Cirnski)
08. Crying (P. Sandberg, S. Cirnski)
09. Self Control (S. Cirnski)
10. Respect (S. Cirnski)
11. Captured By Heart (P. Sandberg, S. Cirnski)
12. Dirty Dog (P. Sandberg, H. Johnston)
13. Push (P. Sandberg)
14. Love (P. Sandberg) [Bonus Track]

■Personnel
Pete Sandberg - Vocals

Sven Cirnski - Guitars
Jaime Salazar - Drums
Jens Lundahl - Bass

Additional players
Jonas Reingold - Fretless bass
Sara Heurlin - Backing Vocals
Tommy Falk - Hammond
Berit Hessing - Cello

Producer - Björn Dahlberg
Co-producer - Sven Cirnski, Hal Johnston



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

Metal Machine / Midnight Sun (2001)

0200Metal Machine

スウェーデンのテクニカル・ベーシスト、ヨナス・レインゴールド率いるミッドナイト・サンの4thにしてラストのアルバム。結成以来のフロントマンだったピート・サンドベリが脱退し、元ジキル&ハイド、現プードルズのヤコブ・サミュエルが新ボーカリストに迎えられています。この人は元々はドラマーで、タリスマンの1st(再発盤)のボーナスとして収録されたライブ音源のドラムも担当しているそうです。ギターのマグナス・カールソン、ドラムのハイメ・サラザールは前作に引き続き参加しています。プロデュースに初代ドラマーのアンダース・テオ・ティアンデルが関与しているのもこれまで通りです。

このバンドは、ヨナス・レインゴールドのメタル指向と、ピート・サンドベリのメロハー/AOR指向とが融合してユニークなサウンドを展開してきたわけですが、ピート・サンドベリが外れた本作は完全にメタル化しました。硬質なサウンド、大仰なメロディ、劇的に歌い上げる歌唱、これはヘヴィ・メタル以外の何物でもありません。しかも古典的というかマンガチックというか、あまりに類型的で面白くもなんともない。メタル・プロパーなら喜ぶ音なのかもしれませんが、メロハー好きの筆者としては非常に残念です。ジャケットやブックレットにあしらわれたイラストも、CGで人相を変えたメンバー写真も、悲しくなるほどチープで子供っぽい。曲タイトルも"Metal"と"Steel"連発で、もしかしたらパロディかと思いましたが、どうも本気でやっているようです。ピート・サンドベリを追い出してまでやりたかったのがこれかよ、と言いたくなります。しかも、このアルバムを最後にバンドは解散、あるいは消滅してしまいます。なんだかな~。。。

評価 ★★☆☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Metal Gods (Reingold)
02. Distored Eyes (Reingold)
03. Metal Will Stand Tall (Reingold / Samuel)
04. Keeper of the Gate (Reingold / Samuel)
05. Steel to Steel (Reingold)
06. Metal Machine (Reingold)
07. Fight (Reingold)
08. Dungeons of Steel (Reingold)
09. Your Blood Burns in Hel (Reingold / Ohlen)
10. Temple of the Graal (Reingold / Samuel)
11. Genesis [bonus track]

■Personnel
Jakob Samuel -Vocals
Jonas Reingold - Bass
Magnus Karlsson - Guitars
Jaime Salazar - Drums

Inger Ohlen - Backing Vocals
Mattias Frisk - Backing Vocals
Bengtsson - Backing Vocals
Micko - Backing Vocals
Micke - Backing Vocals
Pontus - Backing Vocals
Tomme - Backing Vocals
Rickard Andersson - Keyboard solo on track 2

Producer - Jonas Reingold, Anders "Theo" Theander



関連記事

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

Nemesis / Midnight Sun (1999)

0168Nemesis.jpg

スウェーデンのメロディアスHR/HMバンド、ミッドナイト・サンの3rdアルバム。アルバムごとにメンバー・チェンジしているこのバンド、ピート・サンドベリ(vo)とヨナス・レインゴールド(ba)の双頭体制は変わっていませんが、本作では新ギタリストとしてマグナス・カールソンが迎えられています。現在では凄腕プレイヤーかつ優秀なメロディ・メイカーとしてすっかり有名になりましたが、このアルバムが彼のメジャー・デビュー作。後年ほどではないものの、その巧者ぶりは本作でもうかがえます。また、ドラムはハイメ・サラザール(Bad Habit/Reingold)にチェンジしています。

メロハー/AORとメロディック・メタルが混在していた1st、AOR色が一掃された2ndと来て、この3rdでは更にメタル寄り、ネオクラ寄りの音になりました。メロハー/AOR指向のピート・サンドベリと、メタル指向のヨナス・レインゴールドのせめぎ合いは臨界に達したようで、4th(最終作)レコーディング前にピート・サンドベリは脱退することになります。喧嘩別れではなかったようですが、それなりの確執はあったものと想像できます。そういった事情が音に反映したのか、本作は緊張感溢れる好盤に仕上がっています。特にタイトル曲#1"Nemesis"は疾走感と哀愁が両立していて、このバンドならではの味。いかにも北欧メロディック・メタルらしい名曲だと思います。また、前作でも客演していたジョン・ノーラムが再びギター・ソロを担当した#8"Dreams"は、ヘヴィなサウンドと切ない歌唱がなんとも言えない趣をかもし出しています。#14"Seven Doors Hotel"はEuropeの名曲のカヴァーですが、リード・ギターはジョン・ノーラムではなくマグナス・カールソン。思う存分弾きまくっています。というように良い曲がてんこ盛りなのですが、難を言えば曲数が多すぎるかな。筆者としては面白くなかった#12"Ave Maria"と#15"Innocent"をカットすれば、更に緩みのないアルバムになったんじゃないかと思ってしまいます。

プロデュースはヨナス・レインゴールドと初代ドラマーのアンダース・テオ・ティアンデルで、レコーディングはテオ・ティアンデルの経営するRoastinghouse Studio。なお、ゲスト・ギタリストとしてクレジットされているハル・ジョンストンは、ハイメ・サラザールと同じくBad Habitのメンバーです。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Nemesis
02. You And I
03. Mortal Man
04. Resurrection
05. King Of Broken Hearts
06. Conqueror
07. Watch Out
08. Dreams
09. I Don't Know
10. Conceal
11. Living On The Edge
12. Ave Maria
13. Nightfall
14. Seven Doors Hotel
15. Innocent
All music by Reingold and words by Pete Sandberg
except "Nightfall" by Magnus Karlsson, "Seven Doors Hotel" by Joey Tempest

■Personnel
Pete Sandberg - Lead & Backing Vocal
Magnus Karlsson - Guitars, Backing Vocal
Jaime Salazar - Drums, Percussions, Backing Vocal
Reingold - Bass, Keyboards, Additional Guitar, Backing Vocal

Berit Hessing - Cello
Hal Johnston - Guitar
Jens Friis Hansen - Backing Vocals
Inger Ohlen - Backing Vocals
Henrik Hansson - Keyboard
John Norum - Guitar Solo on "Dreams"

Producer - Jonas Reingold, Anders "Theo" Theander
Executive Producer - Anders "Theo" Theander



関連記事

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

Above & Beyond / Midnight Sun (1998)

0117Above  Beyond

スウェーデンのメロディアス・ハードロック・バンド、ミッドナイト・サンの2ndアルバム。ラインナップは、ピート・サンドベリ(vo)、ヨナス・レインゴールド(ba)、クリス・パルム(gt)の3人は前作と同じですが、ドラムはアンダース・テオ・ティアンデルから、ヘンポ・ヒルデン(ex-Mandrake Root, John Norum, Don Dokken)に交代しています。アンダース・テオ・ティアンデルはスタジオ経営、プロデュース業のほうを本職に選んだようで、本作も彼のRoastinghouse Studioで録音、彼自身はエグゼクティヴ・プロデューサーとしてクレジットされています。

ネオクラ風の疾走曲を頭に持ってきてド肝を抜いてから、悲哀に満ちたミッドナイト・サンの世界になだれ込むというのは前作と同じ趣向ですが、前作と違うのはピート・サンドベリお得意のAOR風味の曲がないことです。徹頭徹尾ミディアム~スロー・テンポのメロディアスなハードロックが詰まっています。インストを除いて全てヨナス・レインゴールドの作曲。この人ベース・プレイも凄まじいのですが、作曲家としても実に素晴らしいメロディ書きますね。それをハスキーで繊細なピート・サンドベリの声で歌い上げられると、ほんとに切なくなってきます。全曲にそれぞれのドラマがあり、北欧的哀愁メロハーを代表するような傑作だと思います。

特筆すべきはギターのクリス・パルム。どのトラックでもその曲の表情に合った情感豊かなメロディを紡ぎ出しています。緩急をわきまえたフレーズの組み立てに秀でていて、一本調子な速弾きばかりで退屈させるようなことがありません。本作にはギター・インスト曲#12"Eye of the Beholder"も収録されており、ここでも彼のギタリストとしての才能が遺憾なく発揮されています。さらに、スペシャルなゲストとしてヨーロッパのジョン・ノーラムが参加しているのも嬉しいポイントです。#10"Bad Blood"では全面的にリード・ギターを担当、ここぞとばかりに弾きまくり倒しています。#11"Endlessly"ではクリス・パルムとのギター・バトルを展開。元々クリス・パルムはジョン・ノーラムに似たタイプのギタリストだし、お互いを煽り立てるような激しい応酬にもう嬉しい悲鳴を上げるしかありません。このクリス・パルム、本作を最後にミッドナイト・サンを脱退、その後の活動がよく分からなくなってしまったのがなんとも残念です。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Above & Beyond (intro)
02. Reality
03. Keep on Pushing
04. Deception of Evil
05. I Believe
06. Don't Get Me Wrong
07. Tears in my Eyes
08. Kissed by an Angel
09. Scream & Shout [bonus]
10. Bad Blood
11. Endlessly
12. Eye of the Beholder
13. Hey
All music by Jonas Reingold and words by Pete Sandberg
except "Eye of the Beholder" by Chris Palm

■Personnel
Pete Sandberg - Lead Vocal
Chris Palm - Guitar, Keyboard
Jonas Reingold - Bass
Hempo Hildén - Drums

John Norum - Guitar war on "Endlessly", guitar solo on "Bad Blood"
Mike Dee - Keyboard
Anders "Theo" Theander - Drums on "Eye of the Beholder"
Thomas Wallèn - Backing vocals
Inger Ohlén - Backing vocals
Sara Hurlin - Backing vocals

Producer - Jonas Reingold
Executive Producer - Anders "Theo" Theander



関連記事

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

Another World / Midnight Sun (1997)

Another World

ノルウェー出身の名ボーカリスト、ピート・サンドベリを擁するスウェーデンのミッドナイト・サンが1997年にリリースした1stアルバム。なぜか北欧にはバンドを転々とする渡り鳥ボーカリストが多いのですが、ピートもその一人で、このバンドは彼の経歴の中ではビワープ(Bewarp)の後、ピート・サンドベリズ・ジェイド(Pete Sandberg's Jade)の前ということになります。本作の出た1997年はピートの初ソロ・アルバムBack in Business もリリースされているので、結構エネルギッシュに活動していた時期だったと思われます。

ピート・サンドベリ以外のメンバーは、ベースに元ザ・ダウン・タウン・クラウンズ(The Downtown Clowns)のヨナス・レインゴールド。スウェーデンのベーシストを集めたプロジェクトSweden Bass Orchestraのリーダーを務めるなど、数多くのセッション・ワークもこなす実力者で、ミッドナイト・サンのリーダーシップも彼が握っていたようです。ドラムはアンダース・テオ・ティアンデル。セッション活動の一方、彼もビワープに在籍していましたが、ピート・サンドベリ加入時には既に脱退していたようです。最近ではドラマーよりも、プロデューサー、スタジオ経営や音楽出版ビジネスの分野での活動が目に付く人です。ギターはクリス・パルムで、やはりセッション・ミュージシャンとして活動してきた実力派。キーボードのマイク・DはEmeraldというバンドに在籍したようですが細かい経歴は不明です。

さて、音のほうですが、イントロのSEに続く"No Way Out"がいきなりネオクラ風疾走曲で驚かされます。これがえらくカッコいい。AOR風のロマンチックなシンガーというイメージの強いピート・サンドベリにしては、かなりメタル寄りの歌唱です。闇夜を切り裂くようなクリス・パルムのギターも素晴らしい。ギターとの高速ユニゾンを難なくこなすなど、初っ端からヨナス・レインゴールドの実力も遺憾なく示されています。このオープニング曲以外は、ピートらしいAOR的な曲とヘヴィなミドル・テンポのハードロックが続きます。筆者はピートの声と歌い回しが大好きなので、お腹いっぱいになるほど彼のボーカルを堪能できて大満足です。特に、#3" Moneymaker"や#5"All I Want"などマイナー・キーの曲での、甘美な悲劇の匂いを撒き散らすような歌唱には鳥肌が立ってしまいます。また全曲にわたってブリブリとしたグルーヴを発するヨナス・レイン・ゴールドのベース、クラシカルな早弾きとタメの効いたブルージーなフレーズ両方を繰り出すクリス・パルムのギターも聴き応えあります。

楽曲の水準は押並べて高いのですが、やや凡庸な曲がいくつかあるのが難点でしょうか。また、ヘヴィ・メタル色が強い曲とAOR風な楽曲が混在しているのは、一般的に見て散漫な印象を与えてしまうような気がします。ソング・ライティングに関するクレジットはないのですが、次作Above and Beyond 収録曲のほとんどがヨナス・レインゴールド作曲、ピート・サンドベリ作詞なので、本作についてもおそらく同様だと思われます。プロデュースはアンダース・テオ・ティアンデルとヨナス・レインゴールドで、アンダース・テオ・ティアンデルの所有するRoastinghouse Studioでのレコーディング。サウンド・プロダクションがやや粗いのも気になる点です。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Another World
02. No Way Out
03. Moneymaker
04. Over and Over
05. All I Want
06. Looking for Love
07. Black Night
08. Hold Me Back
09. On'n'On
10. Power of Greed
11. Front-Page News
12. Deep in My Heart
13. Name of Love
14. Deep in My Heart (Instrumental Version) [Bonus Track for Japan]
15. Fire Still Burns [Bonus Track for Japan]

■Personnel
Pete Sandberg - Lead Vocals
Chris Palm - Guitars, Vocals
Jonas Reingold - Bass, Vocals
Anders "Theo" Theander - Drums, Vocals
Mike D - Keyboard

Jonas Sandquist - Backing vocals
Thomas Wallèn - Backing vocals
Jonny Jacobsen - Backing vocals
Patrik Larsson - Backing vocals

Producer - Anders "Theo" Theander & Jonas Reingold



関連記事

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

プロフィール

tonkichi2b12

Author:tonkichi2b12
人の好みは十人十色。色んな感じ方、考え方があるからこそ世の中おもしろいって思ってます。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグクラウドとサーチ

ヨナス・レインゴールド
ミッチェル・フルーム 工藤義弘 石原慎一郎 甲斐貴之 西田昌史 ドン・ドッケン マイケル・ワーグナー イムレ・ダウン ヨラン・エドマン ジム・ジッドヘッド トニー・ボルグ ピート・サンドベリ ベルント・アンダーソン ラース・ディドリクソン マックス・ハスケット ケヴィン・エルソン ビル・チャンプリン ジャック・ブレイズ ケリー・ケイギー ジェフ・ワトソン アラン・フィッツジェラルド デヴィッド・フォスター ブラッド・ギルス ケヴィン・チャルファント アンドレアス・オルソンアーバン・ダニエルソン ヘニング・アクセルソン ラー ロバート・サール ズ・サフサンド ハーマン・フリン トニー・プラット パット・マッケンナ トニー・ミルズ スティーヴ・ハリス アラン・ケリー ロイ・ディヴィス ジェスィーノ・デローザス フレッド・ヘンドリックス ロン・ヘンドリックス エリック・デリックス ラルス・バウヴィンク エリック・コーネン ボビー・アルトヴェイター ブルーノロック トーマス・シュトレック ピーター・デ・ウィント ミッヒ・シュワッガー ウーヴェ・コーラー エドガー・パトリック エンジェル・シュライファー ヨルグ・ダイジンガー ハンス・ツィラー フレディ・カーシ クラウス・レスマン スティーヴ・ホドソン ラルフ・サントーラ オリヴァー・ハンソン トッド・プラント フィル・ケネモア ジョーイ・アルヴィス デイヴ・メニケッティ レオナード・ヘイズ トニー・ブルーノ・レイ ブルーノ・ラヴェル ポール・レイン ランス・クイン アンディ・ティモンズ スティーヴ・ウエスト ドゥギー・ホワイト ヨルン・ランデ イアン・ホーグランド グレン・ヒューズ ミック・ミカエリ ジョー・リン・ターナー ニコロ・コツェフ ジョン・レヴィン トニー・フランクリン クリストファー・ラガーストロム フレデリック・スラマ トミー・デナンダー マイケル・トンプソン ピーター・フリーステット グレッグ・ビソネット ジェフ・ポーカロ スティーヴ・ルカサー マイケル・ランドウ ルイス・カスパー オリヴァー・フェアー レネ・バイカー ジョン・ベイラー フレディ・コラー カレ・トラップ ジョーイ・テンペスト ヘンポ・ヒルデン ジョン・シュライナー ジョン・ノーラム ビリー・ホワイト ピーター・バルテス ミッキー・ディー ウィン・デイヴィス ボビー・ロック ジョニー・ジョエリ クリストファー・マロニー マイケル・T・ロス ニール・ショーン ジョシュ・ラモス ジョーイ・ジョエリ ボブ・バーチ パット・グラッサー スティーヴ・マン チャド・ブラウン ケヴィン・ビーミッシュ デニス・ストラットン ロッキー・ニュートン ブルース・ビスランド トニー・オホーラ ティノ・トロイ クリス・タンガリーディス クリス・トロイ メルヴィン・ブラノン ブライオン・ジェームス ダニエル・プレッド ブルース・フェアバーン ブレイク・サカモト ナイル・ロジャース ダン・リード ドン・ウルフ ダグ・ライリー ブラッド・ステックラー ブライアン・アイランド カム・マクラウド ジャック・リチャードソン リック・ネルソン ロリス・ボルゾン ダニー・ロウ レス・シュワルツ ジョン・マカルーソ ジェイミー・テラモ マイケル・キスク ファブリツィオ・グロッシ マーク・ボールズ モルディ・ハウザー ジョン・サイクス トニー・レノ キー・マルセロ アンディ・マレツェク C.C.ベーレンス ヘルゲ・エンゲルケ トミー・ハート トーステン・リューダーヴァルト ウレ・リトゲン マルコ・メンドーサ トミー・オスティーン ジェフ・スコット・ソート マグナス・ヘンリクソン エリック・モーテンソン ロバン・バック ダリオ・セイシャス ディーン・クレイマー マーク・フェレイラ ジョディ・グレイ ステファノ・ペレソン パオロ・パルミエリ ロベルト・プリオリ ジャコモ・ジガンテリ ダレン・ウォートン グレッグ・モーガン トミー・ファンダーバーク ヴィニー・バーンズ キース・オルセン ブライアン・コックス ジョン・レヴェック ジェフ・ピルソン ジェイムス・コタック ナイジェル・クラッターバック トニー・ミットマン アンディ・バーネット アンディ・ライリー マーヴ・ゴールズワーシー ピート・ジャップ チャーリー・オリンズ スティーヴ・オーヴァーランド トミー・ラファーティ ホーク・ロペス ジーン・ボーヴァー マイケル・ペイジ ティモ・プダス エルッカ・コルホネン アンダース・テオ・ティアンデル トゥオモ・コヴァライネン キモ・ブロム カリ・ヴァリマキ フレドリック・オーケソン ジェイミー・ボーガー マルセル・ヤコブ スティーヴ・リー レオ・レオーニ マンディ・メイヤー クリス・フォン・ローア ヘナ・ハーベッガー マーク・リン ニール・オトゥパッカ マイク・スラマー ビリー・グリアー ボー・ヒル ティム・ゲルト スティーヴ・ウォルシュ クラッシュ・クリック アレクサンダー・ストローチ イゴール・フラッハ クリス・ライン ザッキー ジム・ヴォックス マーレイ・デイグル マイク・デミトロヴィック ショーン・グレゴリー カイル・ラゼンカ ベニー・セーデルベリ ヘンリク・ベルガー セーレン・アナセン オリヴァー・ウィアーズ トミー・アルドリッジ ティム・クリステンセン マイケル・ショットン マシュー・ジェラード ムラデン アイメリク・デゾンブレ ミカエル・アーランドソン ウルフ・ヴァールベリ スヴェン・サーンスキ イェンス・ルンダール ハイメ・サラザール ハル・ジョンストン トミー・フォーク ヨナス・レインゴールド ビョルン・ダールベリ ジム・ピートリック マイク・アキノ クリスチャン・カレン トビー・ヒッチコック ヒラリー・ジョーンズ クレム・ヘイズ エド・ブレッケンフェルド ラリー・ミラス パー・ブロム ピーター・ハーマンソン マッツ・リンドフォース ニック・グリーン ヌーノ・レデスマ セルジオ・ラモス ルイ・マーティンズ ルイス・バロス セルジオ・サビーノ パウロ・バロス ケネス・オディーン ディーゼル・ダール トニー・ハーネル ロニー・ル・テクロ ビョルン・ネーショ モーティ・ブラック ゲイリー・ヒューズ グレッグ・スミス ポール・モリス アル・ピトレリ レズリー・ウェスト ケニー・クラム 梶山章 ボブ・ヘルド リック・デリンジャー アラン・デロング イアン・ギラン アラン・オーウェン ケン・ハマー フィル・ムーアヘッド ロニー・アトキンス リッキー・マークス マルコ・タパニ トニー・ヨハンソン トーマス・G:ソン ヘンリック・ルンドベリ コニー・アンドレスカ ボバン・ミロイェヴィッチ ヤン・エバート ウォルフガング・フランク パトリック・シモンセン カーステン・シュルツ デディ・アンドラー アレックス・フロウシェク イアン・ロイド リック・ウィルス ミック・ジョーンズ ルー・グラム デニス・エリオット マイケル・クレイトン ジェイミー・スコット ダニー・ヴォーン ブルック・セント・ジェイムス ポール・マーコビッチ ジミ・ケネディ ダグ・アルドリッジ チャック・ライト ジェイムズ・クリスチャン マイク・トランプ ケン・メリー デヴィッド・グレン・アイズレー マイケル・ガイ アンディ・ジョンズ グレッグ・ジェフリア ジーノ・ロート マイケル・ボーマン ロルフ・アレックス シュテファン・ベリストロム マッツ・オラウソン ビョルン・ローディン デニス・ワード デヴィッド・リードマン アルフレッド・コフラー シャイ・ベイビー コスタ・ツァフィリオ ケリー・ハンセン レイ・ギラン ジョセフ・ウィリアムズ ジョーイ・カルボーン カーマイン・アピス ケネス・クリスチャンセン ハンジ・ビューラー フランク・オバーピクラー ロルフ・ケーラー アル・グリーンウッド クリス・キャファリー ドギー・ホワイト マイク・シプリー シェリー ラリー・クライン マッティ・エクルンド ニクラス・スウェーデントープ トビー・ブロストロム ペッレ・サエザー ミカエル・ラーソン トミ・パルタネン ダグ・ハワード ボブ・セント・ジョン ホルスト・マイヤー・ソーン ケリー・キーリング アンソニー・レド トミー・ハンセン レネ・シェイズ ジェスパー・ワーナー モルテン・ウィットロック マーティ・ピーターズ マーティン・スロット クレイグ・ブルックス ゲイリー・グレイス リック・スラヴィック ケニー・ケイオス・ロニー ダーシー・ドイチュ アンディ・ロリマー デイヴ・ホピア アンドリュー・マクデルモット フィリップ・カンダス ダニー・ミランダ チャック・ボンファンテ ニッキ・ディマージ ショーン・ペラタ トーマス・ウィット マックス・ローレンツ デヴィッド・タフ テリー・トーマス マイク・ブリグナーデロ マーク・スピロ ダン・ハフ ロバート・ホワイト・ジョンソン ヤン・グランウィック ポール・ウィンガー ネイト・ウィンガー グレゴリー・アナラ レイ・ロドリゲス グレッグ・シュルツ デヴィッド・イングラム エドワード・カシラス ジョー・フロイド マリオ・アギラー ロイ・Z エルヴィス・バジャダレス ダリル・ジョンストン マーク・バドリック ステファン・エリス フランキー・サリヴァン ダリル・ドラゴン マーク・ドラウベイ デイヴ・ビックラー ジョニー・リマ リッチー・セディーロ トビー・タラック ケン・サンディン ジミー・ワンドロフ クリス・ミント ホアン・ルイス・ディアス リチャード・ゴッテラー トム・パヌンツィオ ホルヘ・バルカラ フロイラン・ソサ ロバート・スレイド・ルモン リチャード・アンダーソン マグナス・カールソン インガー・オーレン ヤコブ・サミュエル ピート・レスペランス ハリー・ヘス ダレン・スミス バリー・ドナヘイ イアン・ペイス ロジャー・グローバー ファーギー・フレデリクセン クリス・ラウスマン ダニー・マルティネズ ボブ・ハリス ボビー・バース スティーヴ・スタンツ アンツ・トゥルヒーヨ ジェイムズ・ローステッター マーク・エヴァンス デヴィッド・ラス レジー・ウー スティーヴン・パリー G・C.・ギドッチ ジミー・マルシアーノ キャロリン・ジョーダン スティーヴ・ギブソン スティーヴ・モリス クリス・ウーズィー 永川敏郎 森川之雄 加瀬竜哉 デヴィッド・ローゼンタール 内田雄一郎 岡垣正志 マッツ・ヨハンソン ヘンリック・トムセン トーマス・ラーソン イエア・ロニング ボビー・キンボール マイク・ポーカロ ジョン・フッティット アラン・クラーク デイヴ・チャップマン ティモシー・ルイス マイク・ウォルシュ デューイ・リベステロ マイク・ベレス ジョン・オコンネル セバスチャン・シッポラ ジャン・ルンド ヘンリック・ベリクヴィスト エミル・フレッドホルム トーマス・ヴィクストロム リズ・ヴァンダル ライナー・プシュヴァーラ マイケル・フレクシグ マイケル・ヴォス ジェイソン・マークス マイケル・クライン アーシュラ・オウゾ・ラシュケ ニール・カーノン デヴィッド・スティール ボブ・ロック マーク・ラフランス ジョン・ウェブスター アンディ・デリス トルビョルン・ヴァッセニウス クラエス・アンドレアソン ヨエル・スタランダー ハワード・ヘルム ザック・スティーヴンス ポール・プレイター ヒューゴ ジェラルド・ザッパ ビル・レヴァティ C.J.スネア マイケル・フォスター ペリー・リチャードソン ケイシー・スミス トニー・トンプソン ミッキー・フリー ドミニク・ヒュルスホルスト ロン・ネヴィソン ディルク・シュテフェンス ディーン・オルテガ クライヴ・バー ゲイリー・バーデン ノーマン・グッドマン アル・ラングレイド ロブ・プレウス ブレット・ガースド ダウ・トムリン カール・コクラン ガナー・ネルソン マシュー・ネルソン ジョーイ・キャスカート マイケル・ラファエル パット・レーガン レイフ・マッケンナ スティーヴ・マッケンナ スー・ウィレッツ ジェド・ライランズ ボブ・カトレイ ジェイソン・サノス ジョン・ハリウェル ジュリー・グロー ローン・ボイル ダグ・ストッケ エリック・ラグノ トニー・AJ・モッラ ミケーレ・ルッピ ジョーイ・サイクス ロバート・ジョン“マット”ランジ ヒュー・マクラッケン ラニー・コードラ マグナス・ウルフステット フレドリック・フォルケ ミカエル・ぺールソン ヘニー・ウォルター バーニー・ショウ アラン・ネルソン ラーズ・バウヴィンク エディ・クレイマー ロジャー・バンクス ジョン・ロジャース スタン・ミツェク フィル・ナーロ マイケル・パツィヒ ジェフ・バッター ブライアン・ラ・ブランク ロビー・ラ・ブランク ブッチ・テイラー カイル・ウッドリング フィル・ライノット ブライアン・ダウニー ロイ・トーマス・ベイカー イアン・マクドナルド フランシス・ブッフホルツ オラフ・ゼンクバイル サンディ・サラヤ ゲイリー・コーベット ジョン・オライリー リチャード・ベイカー ダグ・ヴァン・ブーヴェン クリス・デ・ブローウェル ジャミー・カーター ドン・クロムウェル L.A.グリーン マイケル・ターナー ビリー・リースギャング ロジャー・スコット・クレイグ ラリー・ボー テリー・ブロック ペール・リンドヴァル スヴェン・リンドヴァル ラース・ホールバック リチャード・ステンストロム アーニー・ロススタイン ジム・スカットリン ホアキン・カンナイウオロ ビッグス・ブライス ロブ・ヴァンニ フィル・ブラウン クレイグ・ジョイナー リー・マッティ ブルース・ゴウディ リッチー・ズィトー アラン・パスクァ ディーン・カストロノヴォ トッド・ジェンセン トール・タッレ ロブ・モラッティ ピーター・スンデル エジル・オルヴェダル フレドリック・バーグ アンディ・ニューマーク ジェフ・ジェイコブス シャイラー・ディール スティーヴ・フェロー二 サイモン・カーク ダニエル・フローレス ジェラルド・ヴェレス ウェイン・ハマリー デレク・シェリニアン ビリー・カーマッシ デヴィッド・サイクス アルド・ノヴァ ニール・ジェイソン チャック・バーギ・バーギ デイヴ・ボールドウィン マイク・D クリス・パルム トーマス・ウォーレン アダム・ホーランド テディ・ロンディネリ コリー・デヴィッドソン アクセル・ルディ・ペル ヨルグ・マイケル ウリ・ポッセルト フォルカー・クラウツァック ポール・スタンレー ルシアン・マテウソン クリス・レーン アラン・ハーン キース・スラック バロン・デウェイン クリス・トンプソン タパニ・ティッカネン ヴァン・スティーヴンソン ビリー・クロス マイク・ジオネット ケヴィン・ドイル エド・ガリアルディ トロイ・ベンソン ジョー・マローン エドガー・ライリー・ジュニア テッド・ポーリー ロブ・カーツライター デイヴ・ホピア クラエス・アンダーソン トルビヨルン・ヴァーサナスクラエス・アンドレアソン ジョン・ボイラン デヴィッド・J.ホルマン ハンク・エリックス ローリー・マンズワース ジェイ・カッター リッキー・B・デリン マーク・マンゴールド フレディ・アレン ラグナー・ラトル テリエ・スメフォルト ヤンネ・ティッツ ロブ・ロック ポール・マイケル アンソニー・レスタ マイケル・マッケイブ ゲイリー・シャープ レイフ・マーセス マーク・トンプソン・スミス シェティル・ビェルケストラン ディジ・ディジタル ペッカ・ヘイノ ミッコ・サロヴァーラ パシ・ラタンネン トゥオマス・ワイノラ アリ・コイヴネン ミルカ・ランタネン パシ・ヘイッキラ ヤンネ・ウィルマン ニノ・ロウレンネ ジョン・ウェイト リッキー・フィリップス ジョナサン・ケイン トーマス・ズムズンスキー チャーリー・ハーン ボード・スヴェンセン ゲイリー・ライオンズ オーレ・ヘンペルマン アンダース・リドホルム クリスチャン・スンデル オーラ・カールソン ペール・スヴェンソン ロビン・ベック クリス・オーヴァーランド マッツ・ペールソン バリー・ムラーツ ジンボ・バートン リー・ハート スティーヴ・ミリントン デヴィッド・プレイター クレイ・シュローデル ミッキー・トーマス ピーター・ロバーツ キップ・ウィンガー ジェフ・アダムス マーク・タナー マイク・ベアード スティーヴ・ポーカロ マッシモ・ボッジ ファブリツィオ・ウゴリーニ リック・ブライトマン トーマス・ラッサール スヴァンテ・ヘンリソン ドン・エイリー チャック・バーギ マイク・ストーン フィル・スーサン ミック・ラルフス スラヴ・シマニック ビリー・シーン ヨナ・ティー クラッシュ デイヴ・ダロン ケニー・レクレモ エリック・リヴァース ジミー・ジェイ ヴィヴィアン・キャンベル ボビー・メッサーノ リック・ブライトマンクラエス・アンドレアソン ティム・フリース-グリーン ポール・マッコースランド カール・ディクソン レイ・コバーン

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。